経済産業省の補助金の電子申請にはGビズID(gBizID)プライムが必須です。特に事業再構築補助金、ものづくり補助金、IT導入補助金などは申請方法が電子申請しか用意されていないため、gBizIDプライムを取得していないと、申請を行うことができません。

IDの取得には申請から2~3週間ほどかかる可能性があるので、補助金申請をご検討の方は、締切から逆算して早めにIDを取得するようにしましょう。

gBizIDプライムの取得方法

では、ここからgBizIDプライムの取得方法について解説していきます。

①申請書作成~郵送まで

まずはgBizIDのWEBサイトにアクセスします。

アクセスしたら青い「gBizIDを作成」というボタンを押します。

そうしたら、画面下部に移動されるので、「gBizIDプライムを作成」という青いボタンを押しましょう。

gBizIDエントリーでは補助金申請には使えません。必ず「gBizIDプライム」を作成してください。

「gBizIDプライムを作成」を押すと以下の画面が出てくるので、アカウントIDとなるメールアドレスを登録してください。なお、アカウントの名義は法人であれば代表取締役、個人事業主であれば、事業主本人である必要があります。代表者以外では作成できませんのでご注意ください。

アカウントID(メールアドレス)を入力したら、「次へ」ボタンを押す。

登録したメールアドレスに6桁のワンタイムパスワードが送られてくるので、入力してOKを押してください。

ワンタイムパスワードを入力すると、以下のトップページにログインできます。

まずはこの画面で会社(もしくは個人事業主)の基本情報を入力していきます。

次にアカウントを利用する方の登録を行います。先ほど書いた通り、利用者は代表取締役もしくは個人事業主の代表本人である必要があります。

次にSMS受信用携帯番号を登録します。これは今後gBizIDを使ってログインする際に、二段階認証のワンタイムパスワードが送られてくる携帯番号となります。いつも使っている携帯番号を登録するようにしましょう。

すべて入力すると、確認画面が表示されるので、内容に問題がなければ、画面下部の「申請書作成」ボタンを押しましょう。修正がある場合は、修正したい箇所の「○○を修正する」ボタンを押してください。

「申請書作成」ボタンを押すと、以下の画面が表示されます。

ここで申請完了のように思いますが、まだです!一番下の「申請書ダウンロード」ボタンを押して申請書のPDFをダウンロードしてください。

「申請書ダウンロード」を押すと以下のようなPDFの申請書がダウンロードできます。

申請書は印刷して以下の内容を記載します。

注意!

印鑑は必ず印鑑証明書と同じ印鑑を押印しましょう。

また、記入・押印の間違いの場合は、もう一度印刷してやり直しましょう。手書き修正を行うと不備となります。

記入と押印が終わったら、3ヶ月以内に取得した印鑑証明書と一緒に以下の住所まで郵送します。この記載だけで届きます(もちろん郵便代は必要です)。

gBizID申請書送付先

〒530-8532 GビズID運用センター宛

②申請書郵送後の手続き

申請書郵送後、1~2週間程度で以下のメールが送られてきます。この時点でもまだ申請手続きは完了していません。

メール中ほどにあるURLをクリックしてパスワード登録に進んでください。

URLをクリックすると、登録した携帯電話にワンタイムパスワードが記載されたSMSが送られてくるので、送られてきたパスワードを入力します。

ワンタイムパスワードを入力すると、パスワードの設定画面になります。

こちらは、gBizIDにログインする際に使用するパスワードの設定画面です。パスワードを設定したらOKボタンを押してください。

パスワードを登録すると、以下のようなメールが送られてきて登録完了となります。

正しく登録できているか、gBizIDのトップページに戻ってログインできるか確かめてみましょう。

この画面が表示されればOKです。アカウント種別がgBizIDプライムであることを確認しましょう。

これでgBizIDプライムの取得は完了となります。

郵送後メールが来るまで、1~2週間くらいと書きましたが、補助金の締切り直前などは混みあい、作業に時間がかかる場合があります。最低でも補助金申請締切の3週間前までには申請手続きを終わらせるようにしましょう。

申請書の審査状況を確認したい時は?

申請書を郵送後、申請状況を確認したい場合は、以下の流れで確認ができます。

まずは、gBizIDのトップページにいき「アカウント作成」にカーソルを置くと、メニューが表示されるので、一番下の「登録・申請状況確認」を押してください。

クリックすると「アカウントセルフ解決サービス」という画面が表示されます。書類を郵送したがまだ返答がない方は。左下の「申請状況を知りたい」ボタンを押してください。

登録申請時のアカウントID(メールアドレス)を入力します。

加えて申請時に登録した「生年月日」もしくは「SMS受信用電話番号」のどちらか一方を入力します。入力したら「確認」を押します。

確認ボタンを押すと、下に状況が表示されます。

ここで状況を確認することができます。

補助金の申請予定が無くても作っておいて損はない

gBizIDは現在は補助金申請に使用される用途が多くなっていますが、厚生労働省の助成金や地方自治体の事業の申請など、用途は拡大を続けています。

突然必要となる可能性もありますので、直近で補助金などの申請予定が無くても、IDは取得しておいたほうがいいでしょう。